注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

あれ?こんなに目の下黒かったっけ?

と、ある朝突然気づいて落ち込みますよね。

目の下に黒い影ができると、相手に老けて見られたり、暗い印象を与えてしまいます。

ここではそんな目の下の黒い解消法を解説していますので最後までお読みください。

あなたが思ってるほど難しくはありません。

むしろ、目の下の黒い影は簡単に解消する事ができますよ。

[outline]

黒い影の名前

あなたの目の下にできている黒い影の名前は「黒クマ」と言います。

また、影のようになっている事から影クマとも呼ぶことがあります。

黒クマができていると、相手には+5歳以上に見入ってしまうことは間違いありません。

もしかして目の下に黒い影ができているのであればそれは今すぐに直していかなければならないのです。

ではなぜ黒い影ができてしまうのでしょうか。

 

黒い影の原因4つ

目の下に黒い影ができてしまう黒クマの原因は4つあります。

1.皮膚のたるみ

目元の皮膚そのものがたるむことにより、下の部分に黒い影ができてしまいます。

目元の皮膚のたるみは黒クマの一番の原因です。

 

2.くぼみ

2つ目は目の下の脂肪が下がってしまい、脂肪がなくなってしまったくぼみの部分に影ができてしまうこと。

さきほどの目元のたるみに非常に似ていますね。

目の下の脂肪が垂れ下がってしまう理由は、老化により目の周辺の筋肉が衰えてしまうことが原因。

 

3.脂肪のふくらみ

「原因2」では、脂肪が下に垂れ下がりくぼみの部分に影ができると言いました。

脂肪が下に垂れ下がることによりくぼみができますが、垂れ下がった部分に脂肪が溜まると袋のように膨らんでしまいます。

脂肪が袋のようになって膨らんでいる下の部分にも影ができてしまいます。

くぼみによる影と、ふくらみによる影の2つのクマができてしまう可能性だってあるのです。

ちなみにこの脂肪が袋のように膨らんでしまうことを目袋と言います。

 

4.小じわ

小じわでは黒い影ができないように思えるかもしれませんが実はそうではありません。

たしかに少しの小じわで影ができることはないでしょう。

ですが小じわといえど、すごく小さな溝ができています。
溝があるということは、少なからず影はできているということです。
たった1つの小じわでは影を確認する事はできないかもしれませんが、小じわが密集する事で、この小さな溝の影が大きな影に見えてしまうのです。

こちらの集合体は黒クマの原因になり得ます。

 

黒クマの原因のおさらい

  1. 目元の皮膚がたるむ
  2. たるんだ部分が膨らむ
  3. ふくらみの下は影ができる
  4. また、垂れ下がった脂肪の部分がくぼみ、影になる
  5. 黒クマができる

このようにして黒クマができてしまうのでした。

ポイント

目元のたるみと黒クマは非常に似ていますが、目元がたるんでも影ができていなければそれは黒クマではなく、ただの目元のたるみ。

ただ、目元がたるむことによりふくらみ部分に影ができてしまうことが黒クマというのです。

 

黒くまを根本的に解消するには?

皮膚の弾力を取り戻す

黒クマを根本的に解消するにはたった1つの事をするだけで良いのです。

それは皮膚の弾力を取り戻すこと。

たったのこれだけで黒クマを解消する事ができます。

弾力が戻るとなぜ治る?

皮膚に弾力が戻ることで、目元がたるんでしまった部分にハリができ、再びたるみを元の位置に戻すことができます。
また、脂肪が下に垂れ下がってしまった目袋も肌の弾力で治すことができます。
肌に弾力が戻ることで、目袋としてたまってしまった脂肪を強制的に上に押し戻すことができるからです。

また、小じわによる黒クマも、肌の弾力を戻し、ピンとした肌になることで小じわを解消する事ができ、結果的に黒クマを解消する事につながります。

ポイント

目元の皮膚の弾力を取り戻すと、肌をピンと引き延ばし、脂肪をリフトアップできるから黒クマを解消できる。

 

目元のマッサージは効果なし

黒クマは「影」が原因ですので、マッサージをしても全く意味がありません。

マッサージをして解消できるクマの種類は青クマです。

青クマは目元の血行不良により起こるので、マッサージは非常に効果があります。

ですが、黒クマは皮膚のたるみや脂肪のふくらみが原因なのでマッサージをして解消できるわけがありません。

クマができてしまった場合や、目元にトラブルがある場合とりあえずマッサージをしておけば良いという考えのもと行うと大変なことになりますよ。

マッサージを行うと、少なからず摩擦が発生します。

この摩擦は、色素沈着の原因であるメラニンを生成してしまうので、今度は茶クマになってしまう可能性もあるからです。

安易にマッサージをする事はやめて、以下で解説する黒クマの解消法を実践してみてください。

 

以下では、黒クマを解消する様々な方法を紹介します。

黒くまを解消する方法一覧

エクササイズ

エクササイズで治せる黒クマの種類は、脂肪が垂れ下がってしまったことによるくぼみや目袋等の黒クマです。

小じわや皮膚そのものがたるんでしまい膨らんでしまった黒クマに対しては意味がありません。

エクササイズはいつでもどこでもお金をかけずに行うことができますが、効果が出るまでに時間がかかってしまうのがデメリット。

この方法で黒クマを解消した人はほぼいないのではないでしょうか。
それほど効果が出るのが薄く、続かないということです。

メモ

エクササイズはお手軽だが効果は薄い。

 

目元クリーム

目元クリームは、目元の弾力を取り戻す成分が入っているので、皮膚そのもののたるみや脂肪の垂れ下がり、さらに小じわによる黒クマを解消する事ができます。

保湿成分が入っている目元クリームも多いので、黒クマを解消しつつ保湿できるのは一石二鳥。

ただし、クリームは以下で紹介する目元パックの効果よりも即効性に欠けることがデメリットです。

クリームは塗った部分が外気にさらされているので成分が蒸発してしまいます。
ですが、保湿ができる、色素沈着を改善できるなどといった成分が含まれていますので、目元クリームは目元のトータルケアにおすすめの方法です。

 

目元パック

目元パックは目元クリームの強化版とお考えください。

目元パックは成分の部分がシートにより密閉されているので、最後まで成分を浸透させることができるからです。

 

ヒアルロン酸の針の目元パック

ヒアルロン酸の針の目元パックは、黒クマを解消する事において、特に優れています。

ヒアルロン酸の針を目元のたるみ部分に貼ることで、ヒアルロン酸が目元の内部で溶け出し、内側からハリを取り戻すことができます。

ヒアルロン酸を針状にし、目元に差しそれが溶け出しという新発想で100%成分を届けることができるので、かなり即効性に優れています。
そして目元のたるみを解消する効果も抜群に高いです。

ただしヒアルロン酸の針は、黒クマ解消に特化しているので、目元の色素沈着などのケアには対応していません。
ですが黒クマを解消するにはこのヒアルロン酸針の目元シートが一番オススメ。

たった1日で黒クマを大幅に解消できるヒアルロン酸の針

上記では黒クマを解消するにはヒアルロン酸針の目元パックがおすすめだと言いました。

ではどれくらい効果があるのでしょう。

60歳の女性が一日この目元パックを使用した比較画像があります。

こちらでその効果のほどをご確認ください。

たった1日でこの効果。

ヒアルロン酸針の目元パックはこれほどまでに即効性が高く、影クマを効果的に解消する事ができるのです。

 

オススメはヒアロディープパッチ

上記の女性が使用した目元シートはヒアロディープパッチです。

ヒアロディープパッチには以下のような特徴があります。

簡単に言えば、ヒアルロン酸針の目元シートの中で一番効果が高く人気があるという商品です。

その証拠に第三者機関で効能も評価済みです。

誰もが認めるヒアロディープパッチ。
今なら返金保証がついているので一度試してみてくださいね。

諦めるのはヒアロディープパッチを使用してからでも遅くありませんよ。