化粧水が浸透しない原因!実は浸透ってそこまで大事ではないんです。

使っても使っても化粧水がなかなか浸透しない。

このようなお悩みを持ちでないですか?

化粧水はそもそも浸透しづらく、通常の化粧水ではなかなか保湿する事ができません。

ではなぜなかなか化粧水が浸透しないのでしょうか。

人間は水分を吸収しにくい

多くの方は肌の保湿をするために水分を浸透させなければならないと思い込んでいます。

ですが、なかなか浸透しませんよね。

それもそのはず。
肌が水分を浸透させやすかったら、お風呂につかったら手がしわしわになるところではありません。
スポンジのようにたくさんの水を吸収してしまいます。

人間の構造上化粧水は浸透しにくく作られているんです。

ではなぜ、なかなか水分が浸透しないのでしょうか。

化粧水や水分が浸透しない理由

皮脂により

人間は皮脂という油を分泌しています。この油がバリアの役割は果たし水をはじいてしまっているのです。
人間の皮膚は、水をはじきますね。それは皮脂によって水がはじかれているのです。

古い角質により

古い角質は固く水分を通しにくい構造になっています。
古い角質が残っていれば水分が浸透しづらくなるだけではなく、美容成分の浸透の妨げにもなるので、古い角質が残っているのであればピーリングやターンオーバーの正常化をはかり改善していかなければなりません。

残ったメイク

しっかりとクレンジングを行わなければ毛穴に化粧が残ってしまいます。
化粧は油分でできているので、これまた水分を弾く原因となってしまっているのです。

バリア機能が働いているから

人間は外的刺激を防ぐためにバリア機能が備わっています。
その中でもセラミドという名前を聞いたことありませんか?

保湿をするに当たって水分よりもこのセラミドが非常に重要。

セラミドたっぷりの綺麗な肌は水を弾く

セラミドは加齢と共に徐々に失われていきます。
逆に、若い頃はセラミドがたっぷりとあります。
若い頃、お風呂に入ったら水をよく弾きませんでしたか?それはセラミドがたっぷりあるからこそ。
そしてセラミドがある肌はきめが細かくとても美しい肌です。

セラミドたっぷりでキメが整っている綺麗な肌こそ水を浸透しにくいと言えるのです。

セラミドがあれば保水力が上がる

セラミドを外からの刺激や水分を弾くと同時に、フタの役割を果たしています。
つまり、内側にある水分を外側へ逃がさない役割を担っているのです。

ここで考え方を改めてください。
保湿に必要なのは水分を足すのでは無く、セラミドを増やすことです。
ですから水分は浸透させなくてもよいのです。
肌にセラミド足してあげるだけであなたの肌の水分量はグンと上がります。
(水分とセラミドは違う)

浸透しない場合にやってはいけないこと

化粧水をバシャバシャつける

セラミドが入っていない化粧水はただの水とほとんど変わりません。
ただの水は水分が蒸発する時に肌に合った水分も一緒に蒸発してしまうので、前よりもさらに乾燥してしまうという現象を引き起こしてしまいます。
化粧水が浸透しないからと言ってバシャバシャ付けていませんでしたか?それは全くの逆効果。
多く付けても化粧水が浸透しませんし、余計に肌の水分を蒸発させていたのです。

こすったり叩く

化粧水が浸透しないと感じると、化粧水を塗り込む際ゴシゴシしたりパチパチと叩いたりする方が多いです。
ですがこれは肌にダメージを与えると同時に、セラミドを失う原因。
これを継続的にやってしまうと、さらに保湿しづらい皮膚になってしまうので要注意。

化粧水は浸透させなくてもいい、セラミドを足すことが重要

たとえ化粧水を浸透させても、バリア機能があるのである一定の層より奥に浸透する事は絶対にありえません。
ですからす化粧水(保湿成分)を浸透させるのは全く意味がありません。
あなたがやるべきことはセラミド肌に足すことです。
セラミド化粧水を使うことであなたの肌はすぐにスカスカの状態から、セラミドたっぷりの肌になります。
その結果、肌の水分量も上がるのです。

ですから、まずはセラミド足すことを考えましょう。