化粧水と乳液の違いを解説。一体どちらを使うべきなのか

セラミドを肌に補給すると言っても、乳液や化粧水など様々なアイテムがあります。では、これらはどのような違いがあるのでしょうか。本記事ではセラミドと乳液の違いと、あなたに合ったアイテムを提案をしています。

化粧水の役割とは

化粧水の主な役割は水分を肌に足すことです。
ですから、肌が乾燥している時にセラミド化粧水を使用することで、水分を追加しセラミドのバリアを張って水分を逃がさないようにすることができます。

ですが、セラミドが入っていない化粧水に関しては、ただ単に水分を足すだけになってしまいます。
実はセラミドが入っていない保湿化粧水に関しては全く意味がありません。

関連記事>>>化粧水で逆に乾燥する原因は何?その化粧水使うほど逆効果ですよ。

水分を足すことを目的にするのであればセラミド化粧水を使用しましょう。

乳液の役割とは

先程の化粧水は水分を足すことを目的にしたアイテムでした。
ですが、乳液の場合は油分により水分を逃がさなくすること。そして、摩擦を軽減する役割があります。
つまりふたの役割があるということですね。

ですから乳液は化粧水のあとに塗ることが多いのです。

化粧水と乳液を塗る順番を守りましょう
乳液は油のバリア、化粧水は水分を足すものと説明しました。
ですから、乳液の後に化粧水で塗ったとしても、油で水分がはじかれてしまい、水分を足すことができません。

ですから化粧水を塗ってから乳液でフタをするようにしてください。

過剰油分に注意

化粧水を塗った後に乳液でフタをすると説明しました。

ですが、基本的にあなたが40代未満であればに兵器を使用しなくても良いかもしれません。

その理由は皮脂という油を分泌しているからです。
このあぐらにより、人間は水分を外に蒸発させないように守っています。
ですが40代以降は皮脂の分泌が衰えてくることにより、水分を逃しやすい状態に陥っています。
これを防ぐために乳液を使用するというのがベストな使い方。

逆に40台未満の方は皮脂の分泌が正常なので、セラミドのバリアだけで十分です。

本当に皮脂の分泌がなくなり常に肌がカサカサしている人は、セラミド化粧水+セラミドに力を使うと最高の保水力を手に入れることができます。

ポイント
30代までであればセラミドのバリアとそれに入っている水分で十分。
乳液の仕様は過剰油分となりトラブルの元。

まずは化粧水から使おう

確かに最高の保湿力を手に入れるためにはセラミド化粧水とセラミド乳液を使用するのが一番ですが、それでは過剰なスキンケアとなってしまい、ニキビ肌や逆に乾燥してしまうという金を派生させてしまいます。ですからまずはセラミド化粧水であなたの肌の状態を確かめることがおすすめ。

セラミド化粧水でまだ秦野乾燥を感じる場合のみセラミド乳液を使用するようにしてください。