化粧水で逆に乾燥する原因は何?その化粧水使うほど逆効果ですよ。

化粧水を使用したとなぜだか乾燥しているという現象を体験したことはありませんか?

これでは化粧水を使用している意味が全くありませんよね。

ではなぜ化粧水を使用すると逆に乾燥してしまうのでしょうか。

それには明確な根拠があったのです。

化粧水の水分は水分を連れて蒸発する

あなたは化粧水を保湿目的で使っているかと思いますが、残念ですが化粧水はほとんどただの水なんです。

たしかに美容成分や保湿成分は含まれていますが、そのほとんどが水と同じ。

水分が蒸発する際の性質上、もともとあった水分も一緒に蒸発してしまうので、化粧水を使用した後は逆に乾燥してしまうのです。

たとえ保湿成分が入っていたとしても、この現象は起きてしまいます。
要するに保湿成分は肌を保湿する事において、何の意味もなしていないということになるんですね。

それに、人間の体は皮脂やバリアなど様々な壁があるため、水分を中々吸収しにくい状態にあります。
そして水分はある一定の層よりも奥へ浸透しないように作られているので、人間の体の構造上作られているので、水分を加えるという概念自体が間違っているのです。

関連記事>>>化粧水が浸透しない原因!実は浸透ってそこまで大事ではないんです。

お風呂上がりの乾燥も同じ

お風呂上りは肌がカサカサになりがち。
これは上記で説明したように水分が蒸発する際、元から肌に合った水分も一緒に蒸発してしまうからです。

セラミド化粧水なら乾燥しない
セラミドは外的刺激や肌の内側に存在する水分を蒸発させない役割を担っています。
保湿をするのであれば水分を加えるのでは無く、セラミドを足すことが重要です。

セラミドを肌に加えることで、人間の肌の内側に存在する水分が蒸発しなくなるので、結果的に肌の水分量が上がります。

保湿成分を加えて乾燥対策をするというよりは、セラミドで水分を逃がさない対策をする方がイイんです。

 

 

今使用している化粧水は何が入っていますか?

多くの方はヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている保湿化粧水を使用していますが、これは上記で説明したように全く意味がありません。

あなたは水分を加えるための化粧水ではなくセラミドで水分を守るための化粧水を使用していかなければならないのです。

ですから今あなたが持っている化粧水にセラミドが入っていないのであれば全く意味がありません。
それどころか逆に水分を減らしてしまう原因になるので、これからは絶対に使用しないでください。